Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省レポート&最近の私


皆さんお久しぶりです。篭でございます。


前回の萩旅行からエライ日がたってしまい、続きの記事を上げるのも正直面倒なので、忘れたフリして久々に更新したいとおもいます。






~タイトルにある“反省レポート”の部分終了~(早








さて、日本列島もずいぶん寒くなってきまして、冬の足音がとこぞからきこえておりますが、皆様お元気でしょうか?



最近の私といえば、学校行ったり行かなかったり、バイトに行ったり行かなかったりしながら、相変わらずダラダラすごしております。





さて、そんな私ですが、あるものにおおハマりしております。




詳細は後半にて。

追記を表示

萩小旅行(吉田松陰編)




みなさんこんばんは。篭でございます。



今日は昨日の記事で紹介した「萩旅行」の写真版を記事にしたいと思います。






早速後半から写真なのですが、その前に、今回の旅行での私の相方を紹介いたします。











1.jpg


ジャン☆(何





サルの「秀吉」でございます。



コイツはもともとポクポンというタイから来たお守り人形で、秀吉はサルとポクポンのハーフです(あくまでも設定)





秀吉は「目標達成」のお守りだそうで、友人からプレゼントしてもらったものを、私がチェーンと一緒にベルトにつけていたので、今回の記事にオマケとしてチョコチョコ載せてみました。



それでは、後半からは旅の記録が始まります。







追記を表示

小旅行


みなさんこんばんは。篭でございます。



今日は今住んでいる街を飛び出して、小旅行へ入って見ました。


目的地は山口県北部にある「萩」です。






萩にゆかりのある人物。といって皆さんはお分かりになられるでしょうか?















私はわかりませんでした(爆






「吉田松陰先生」だそうです。





↓フリー百科事典ウィキペディアより(抜粋)


幕末には、吉田松陰が私塾の松下村塾で多くの人材を数多く育成し、そこから桂小五郎(木戸孝允)、吉田稔麿、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文らを出し、又彼らと友好があった井上聞太(井上馨)らの、明治維新の指導者を出した。









私の叔父に誘われ、日曜の朝に出発。車で萩散策をしてまいりました。



とにかくどこもかしこも「松陰先生」の名が付きまくっておりました。







この「松陰先生」なんですが、とにかく過激というか、ある意味危ない方だったそうで、脱藩、密航、脱獄未遂から暗殺計画まで、今だったら完全にオウム以上の非難間違いナシの印象を思いっきり与えられました。





写真をたくさん撮ってきたんですが、容量オーバーでUPにかなり時間がかかりそうなので、次の記事あたりでやりたいとおもいます。








※ちなみに、今日一番の思い出は、出先で食べたおいしいチャーシュー麺です(大爆


派遣バイト初日。




今更ですが、ナタデココにはこれっぽっちもハマってません。篭です。

(私を思いっきり殴りたい方は、今日だけは歯を食いしばって許します)










さて、前回の記事で、バイトの面接に行ってきたという内容を書きましたが、その面接に無事合格し、今日が派遣バイトの一日目でした。


まだ誓約書にも利用書にも目を通していません(爆





今日の仕事の内容は、新規オープンする家電量販店への商品の積み上げ作業のお手伝いでした。


派遣の担当さんの話曰く、


「商品が入っていたダンボールが大量にでるので、それをひたすら潰しまくる仕事です」

とのこと。






簡単な単純作業ということだったので、トライしてみました。






んで、実際に現場についてみると、そこにはツナギやら作業着やらで集まった、「プロっぽい電気屋さん」の集団が。


お世話をしてくださるオッチャン(失礼)に簡単に話を聞いてみたところ、



1.トラックから商品をおろす
2.注文した商品があるか確認する
3.商品を店舗に搬入する
4.それぞれのブースの所に運び、セッティングする
5.廃棄処理する包装物(ダンボールその他)を処分




と、割と段階を踏んだ長~い説明をされ、笑顔で「単純な仕事ですから」と言い放った担当さんを180回くらい呪いました。




1~5の仕事を終えると、次はブースに置くパンフレットに店の名前をスタンプしろなどといい始め、肉体労働×単純作業×時間との戦いという厳しいお仕事となりました。





おおホラ吹きの担当さんには、過去に戻って一万年と二千年前から呪いをかけ続けたいと思います(マテ







最終的には落第。



最近ナタデココにハマっております。篭でございます。



数日前の話ですが、バイトのお仕事を増やそうと、ちょっくら面接に行ってまいりました。もし採用されれば、またネタとして取り上げたいと思うのですが、今回は面接会場に行くまでに通った駅での出来事です。



その日、面接官の方に「普通の格好で来てください」と言われ、学校から直行で駅に行き、電車で会場まで向かいました。
「普通の格好」といわれても、あまりにラフすぎるのもアレだと思い、地味目のシャツ+黒ジャケット+穴の開いてないジーパンで行って来ました。



いわゆる「キレイめな格好」というヤツです(※ 判断基準は謎)












そんな格好で目的の駅に降り、階段を上がりながらMP3のイヤホンを掛け、電源を入れようとしたまさにそのとき、後ろから女子高生と思われる女性の声が聞こえてきたのです。







「あーゆー大人なジャケット着てる人好きーv」





私のMP3が音を流す前だったもんですから、しっかり聞こえている上に、そこは超田舎の別に栄えてもいない駅。他にジャケット着てる人なんていないのです。


「私」ではなく、「私の服」を褒められているだけだとわかってはいても、思わず耳がダンボになってしまった私を誰が責められるでしょうか。いや、責められるはずが無い!(反語表現)






その後も、「ちょっと大人な感じの人のこーゆーところが好きなのよー!」と、好きなタイプ談義に花を咲かせている女子高生(と思われる人)の言葉に耳を傾けつつ、腹の底でムフフといやらしい笑みを浮かべつつ、ちょっとした優越感に浸っておりました。















「でも、もっと背が高くて髪が長くて染めてあって、メガネをかけてなかったらもっと好きー」















私は腹の底で涙を流しながらMP3の電源をONにするのでした。(涙





Appendix

プロフィール

篭(ろう)

Author:篭(ろう)
2007年6月16日ヨリスタート。
↓アクセスカウンター↓



↓オンラインカウンター↓




ようこそいらっしゃいました。
当ブログは、某大学経済学部の篭(ろう)の綴るブログです。
当然リンクフリー。
ネタ弄りもフリー。
更新速度もフリー。(ヲイ

不定期更新にならぬよう勤めてまいります。


=ステータス=
名前:篭(ろう)
性別:男
LV :19
属性:ヘタレ
攻撃:★★☆☆☆
防御:★★★☆☆
速さ:★★☆☆☆
頭脳:★☆☆☆☆
ヲタ度:★★★★☆

装備:
 E 冴えない頭
 E 3000円の安ジャケット
 E 着潰したボトム
 E 擦り切れた靴
 E 度の合わないメガネ
 E ぜいたく
 E ぜいにく


連絡はメールで
rounosuke2006*yahoo.co.jp
*を@に変えてお送りくださいませ。



最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。